プロポリス研究所

そもそもプロポリスってなに?

今西洋医学の限界が問題視されている中、予防医学や未病医学などに関心が集まりハーブや漢方薬などの生薬が注目されています。その中でもプロポリスの驚くべき効果は「万能薬」といわれるほどです。そのプロポリスはミツバチが作り出す自然の恵みであり、300種類以上の栄養素を含む健康食品です。

プロポリスとは?

プロポリスは、ミツバチがさまざまな樹木から集めてきた樹脂や花粉などと、ミツバチの唾液(酵素)を混ぜ合わせて作り出す天然の物質です。
ミツバチはなぜプロポリスを作る必要があるのでしょう。それはミツバチが集めてくる樹脂に秘密があります。樹木や草を傷つけると樹液や草の汁が出てきます。この汁は草木が傷を癒すために自らが出す抗菌作用のある物質です。ミツバチはこの植物の天然の生体防御機能を利用し、「防御壁」を作って巣を守ります。この防御壁こそがプロポリスです。
ミツバチが巣を守るために自らが生み出した「自然の力」、それがプロポリスなのです。

プロポリスの健康効果

プロポリスは信頼性の高いヒト試験による有効性の研究も進められており、抗菌、抗炎症、抗ウイルス、抗アレルギー、抗腫瘍などさまざまな効果が報告されています。
さらに、高い抗酸化作用を持つことや花粉症の症状を軽減させる効果も報告されました。また、プロポリスには細胞を活性化させる働きがあり、免疫力の強化にも力を発揮します。正にプロポリスは「天然の抗生物質」といわれるにふさわしい優れた天然生薬といえるでしょう。

プロポリスの有用成分

大まかにプロポリスは、樹脂・膠質約50%、ワックス約30%、油性物質約10%、花粉約5%、各種有機物及びミネラル物質約5%で構成されます。
さらに細かく分類すると、フラボノイド類、テルペノイド類、酸類、各種アミノ酸、ビタミン類、酵素類、多糖類など生理学的活性のある300種類以上の成分を含みます。しかし、バラバラに分解した成分は個々の化学成分でしかなく、プロポリスの効果の秘密はこのような多様な成分の完全に調和のとれた複合体そのものにあるのです。つまり、複数の成分がそれぞれ効果を発揮することで、健康効果が現れるのです。

プロポリスは安全な健康食品

プロポリスは健康食品をはじめさまざまな用途で利用が拡大し続けています。今、健康は自分自身で管理し守ることが求められます。プロポリスはそのような予防医学的な天然素材として重要視されています。臨床医によりプロポリスの効能を期待した病気予防や治療の補助として用いられた臨床例も多く報告されています。薬とは違い副作用や習慣性をもたない天然の物質であるため、子供やお年寄り、肝機能が低下している方でも安心して利用することができます。

page top